シャンプーだけで自然に白髪が染まるお手軽毛染め

 このエントリーをはてなブックマークに追加  

髪を傷めず手軽に使える白髪染めシャンプー

手軽に使える白髪染めシャンプー

シャンプーで髪を洗うだけで毛染めができる

毛染め・ヘアカラー専門店では美容師に染めてもらえるけれど、予約やわざわざ行くのも面倒。丁寧に染めてもらっても、やっぱり髪や頭皮のダメージも気になります。

 

また、自宅で使えるトリートメントタイプの毛染めであれば、髪や頭皮にダメージを与えずに染められますが、毎週染め直しが必要になり、染める都度手間がかかります。

 

毛染めで髪や頭皮は傷めたくないけど、手間も時間もかけたくない!
そんな方にオススメなのがシャンプータイプの毛染めです。一般的には「白髪染めシャンプー」と呼ばれることが多いようです。

 

シャンプータイプと言われるとおり、シャンプーで繰り返し髪を洗うことで、少しずつ白髪を染めていくタイプの毛染めです。

 

使い方も簡単で、いつものシャンプーの代わりに使うだけです。
シャンプーの中に毛を染める成分が配合されていて、普段どおりシャンプーをして髪を洗うだけで、白髪も染めることができます。

 

多くの方がシャンプーは毎日していると思います。白髪染めシャンプーなら、日常的に使えて、毛染めをしている認識もないままに手軽に続けることができます。

 

白髪染めシャンプーの使い方

白髪染めシャンプーの使い方は簡単です。

 

シャワーで大まかに汚れや皮脂を落とします

シャンプーをする前にお湯でよくすすぎます。

 

爪を立てないように注意して、指の腹を使って、髪や頭皮をやさしく洗います。

 

シャワーで流すだけでも、髪の汚れはある程度落とすことができます。


濡れた手に白髪染めシャンプーを出します

通常のシャンプーと同じように、手に白髪染めシャンプーを出して、両手で軽く泡立てます。

 

使う量も通常のシャンプーと同じくらいで十分です。

 

手が乾いた状態だと、手や爪に着色しやすくなってしまいますので、シャンプーを出すときは手全体を軽く濡らしておきます。


髪でよく泡立てて髪全体を洗います

髪に空気を含ませながらよく泡立てながら髪と頭皮を洗います。

 

白髪染めシャンプーは泡で髪を染める仕組みなので、しっかりと泡立てることがきれいに染めるポイントです。泡立ちが少ない場合には、お湯を少し加えて洗ったり、シャンプーが少ないようであれば追加して調整します。

 

※泡立てネットを使うと、少量のシャンプーでもよく泡立ちます


シャワーですすぎ残しがないようによくすすぎます

髪と頭皮を洗ったら、放置時間も必要なく、そのままシャワーで洗い流します。

 

洗い流すときに色水が出ますので、色水が出なくなるまでよくすすぎます。

 

どのシャンプーでも同じですが、シャンプーが残ると髪や頭皮によくありませんので、すすぎ残しが出ないようにしっかりすすぎましょう。


白髪染めシャンプーのメリット

白髪染めシャンプーのメリット

手間がかからず簡単に毛染めができる

白髪染めシャンプーは、とにかく使い方が簡単で、手間をかけずに毛染めができるのが一番のメリットです。これほど手間のかからない毛染めは他にありません。

 

他のタイプの毛染めのように何か準備をする必要もなく、シャンプーをして洗い流すだけですので、これまでのライフスタイルと変えることもありません。

 

定期的な染め直しも必要なく、シャンプーをしているだけですので、毛染めをしている自覚なく続けることができます。

 

髪や頭皮にやさしい

家庭用の毛染めを選ぶ大前提になるのは、髪や頭皮にやさしく刺激が少ないことです。

 

白髪を隠すことができても、髪を傷めたり頭皮環境を悪化させてしまうことになれば、その結果白髪や抜け毛を増やすことにもなりかねません。

 

白髪染めシャンプーは、髪を洗うと同時に頭皮も洗うことを前提に作られています。また素手で使うものでもあり、刺激が少ないのが特徴です。

 

アレルギー要因となる化学成分も配合されていないため安全に使うことができます。


白髪染めシャンプーのデメリット

白髪染めシャンプーのデメリット

髪が染まるまでには回数が必要

白髪染めシャンプーは、使うたびに少しずつ染まっていくタイプの毛染めです。

 

一度の染毛力が弱いため、即効性はなく、染まるまではある程度の使用回数が必要です。

 

毎日使って1週間くらいから少しずつ変化が出始め、期待するカラーに染まるまでは、早い人で2週間程度。人によっては3〜4週間使って染まってくる場合もあります。

 

一度染まってしまえば、毎日使わなくても、定期的に使うだけで自然な髪色をキープすることができます。退色の度合いは人によっても変わってきますので、退色度合いに応じて使うタイミングを調整します。

 

完全に染まっても色合いは薄い

白髪染めシャンプーは使うたびに少しずつ髪色が濃く染まってきますが、使われている染料が弱いため、他の毛染め商品と比べるとどうしても染め上がりは少し薄めです。

 

ヘアカラートリートメントと白髪染めシャンプーの両方を販売している利尻シリーズで染め比べても、シャンプーの方は何度染めてもヘアカラートリートメントほど濃く染まりません。

 

白髪はもちろん隠れますが、色合いは少し薄くなることは理解したうえで使いましょう。


オススメの白髪染めシャンプー

利尻カラーシャンプー

白髪染めシャンプーはいくつか販売されていますが、中にはほとんど染まらないものや、白髪染めシャンプー単体では使えないものもあります。

 

いくつかの白髪染めシャンプーを実際に使ってみて、その中でも一番染まりが良く、手間が少なかったのが「利尻カラーシャンプー」です。

 

髪や頭皮と相性の良いアミノ酸系のシャンプーで、髪や頭皮に刺激となるような成分も添加されていません。

 

利尻シリーズですので、天然利尻昆布エキスなどトリートメント成分や保湿成分も豊富に配合されていて、洗い心地にも優れています。

 

利尻カラーシャンプーの染まり方

白髪染めシャンプーのデメリットにも書いた通り、利尻カラーシャンプーはシャンプータイプなので、ゆっくりと染まっていきます。

 

1回使った状態

利尻カラーシャンプー1回目

真っ白の人毛ピースを使って、一度シャンプーしてみた状態です。
カラーはブラックを使っています。

 

まだ1回目なので、薄っすらと色付いているだけの状態です。
まだまだブラックにはほど遠いですね。

 

5回使った状態

利尻カラーシャンプー5回目

3日連続で3回目の状態です。
少しずつ色が濃くなってきます。
1回目と比べても色が少し濃くなったことがわかります。

 

10回使った状態

利尻カラーシャンプー10回目

10日連続で10回目の状態です。
色はさらに濃くなってきました。

 

これくらい染まると地毛で染めても白髪も少しずつ目立たなくなってきています。

 

20回使った状態

利尻カラーシャンプー20回目

20日連続で20回目の状態です。
かなりしっかりと染まっています。

 

ブラックというよりは濃いめのグレーに近いような色味です。

 

地毛で染めても白髪はきれいに染まっています。

 

日数はかかりますが、20日も使うと白髪も目立たなくなり、しっかり染まっています。

 

この後も10回ほど使いましたが、色味はこれ以上濃くならなかったので、これが染まりの限界のようです。

 

トリートメントタイプの利尻ヘアカラートリートメントと比べると、どうしても色味は少し薄めです。しっかり染めるのであれば、やっぱり通常のヘアカラートリートメントを使った方がいいでしょう。

 

染まりは弱めですが、利尻カラーシャンプーの良さはとにかく手間の少なさです。
一度使い始めると手放せなくなります。

 

公式サイトからであれば、初回はお試し価格1,000円引きの2,500円で購入できます。
未経験の方は是非一度お試しあれ。

 

【名称】 利尻カラーシャンプー
【販売】 自然派clubサスティ(株式会社ピュール)
【価格】 3,500円(税抜) → 初回2,500円(税抜)
【カラー】 ブラック、ダークブラウン、ナチュラルブラウン、ライトブラウン
【匂い】 無臭

 

公式:サスティ利尻カラーシャンプー / 初回限定1,000円OFF

 


 このエントリーをはてなブックマークに追加