人気の毛染めヘアカラー専門店

こんな思い、していませんか?

  • カットやパーマは必要ないけれど、毛染めだけしてもらえないかしら。
  • 美容院やヘアサロンの毛染めは高すぎ!もっと安い料金で染められないの?
  • 生え際にちょっと白髪が目立ってきたので、根元だけ白髪染めをしたい。
  • あまり時間をかけられないの!短い時間で染められないかしら。
  • ヘアカラーを自宅でするのは面倒。手軽に毛染めができないかしら。
  • 自宅でヘアカラーすると、匂いが気になるし、髪がパサパサになってしまう。

 

そんな方に毛染め専門店が大人気です。

毛染めをする女性

美容院やヘアサロンで毛染めをしてもらえばきれいにしてもらえるけれど、美容院やサロンの毛染めは高いのがネック。お店にもよりますが、毛染めの料金の相場は5,000円〜10,000円。部分染めならもう少し安い場合もありますが、それでも頻繁に染め直しをするにはコストがかかります。

 

それなら自宅でヘアカラーを使って染めようとすると、前髪は鏡を見ながらきれいに染められても、目の届きにくい後頭部は塗りムラになったりということもしばしば。また市販のヘアカラーは匂いもきつく、薬剤の刺激もかなり強いのが特徴。染めたあとは髪がパサついたり、頭皮がかゆくなったり赤くなってしまったりということもあり、使い続けるのは心配です。

 

そんなことから、低料金、短時間、低刺激で白髪を染められる毛染め『専門店』が人気です。プロの美容師が丁寧に染めてくれるので染めムラもなくきれいに染めてもらうことができます。

毛染めヘアカラー専門店を検索

毛染め専門店ニューオープン情報

 

都道府県マップから毛染めヘアカラー専門店を検索

北海道福島茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川富山石川福井山梨長野静岡愛知三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山鳥取岡山広島山口香川福岡長崎熊本大分鹿児島

 

店舗名から毛染めヘアカラー専門店を探す

クイックカラーQクイックカラーQ|クイックカラーQは、店舗数・来客数日本一の全国に展開するヘア...
スマイルカラースマイルカラー|スマイルカラーは、関東を中心に展開するヘアカラー毛染め専門...
ビーマイルビーマイル|ビーマイルのコンセプトは、全ての女性をビューティ&スマイルに。常...
Fast ColorFast Color|Fast Colorは、1,000円から染められるヘアカラー毛染め専門店。入店...
マーブルマーブルマーブルマーブル|マーブルマーブルは、「カラー」だけ手軽に・早く・安くできた...
ヘアカラー専門店 fufuヘアカラー専門店 fufu|ヘアカラー専門店 fufuは、ヘアカラーに特化することで作業...
ビューティーカラープラスビューティーカラープラス|「いい髪、色いろ」ビューティカラープラスは最短40分...
スマートカラーKIREIスマートカラーKIREI|スマートカラーKIREIは大阪・兵庫を中心に展開する毛染め...
ヘアカラー専門店 カラートレインカラートレイン|カラートレインは「毛染めだけ」を手軽に・早く・安くという要望...

ダメージと色落ちを抑える毛染めのアフターケア

アフターケアが左右

毛染め専門店では、プロの美容師が丁寧に染めてくれますので、髪のダメージは小さく抑えられていますが、染料にヘアカラー剤を使っているかぎりダメージはゼロではありません。

 

毛染めをした後のアフターケアで、髪の傷み方や色の落ち方はずいぶんと変わってきますので、お試しあれ。

 

ダメージと色落ちを抑える3つのアフターケア

  • 毛染めをしたあと最低24時間シャンプーを控える
  • ドライヤー前に流さないトリートメントでケアをする
  • 低刺激タイプのシャンプーで髪を洗う

 

毛染めをしたあと最低24時間シャンプーを控える

24時間

カラー剤は髪の細胞の中で時間をかけて色素を定着させようとしています。

 

そのためすぐにシャンプーをしてしまうと、定着しようとしているカラー剤を洗い流してしまい、色が抜けやすくなったり、染めムラになってしまいやすくなります。

 

またシャンプーは少なからず髪に負担をかけるものです。毛染めの負担に加えてシャンプーの負担がプラスされると髪の傷みを進めてしまう要因にもなります。

 

きれいな発色のためにも、髪の負担のためにも、時間を置くことが重要です。
可能であれば48時間シャンプーを我慢したいところですが、丸2日シャンプーできないのは現実的ではないと思いますので、最低24時間は我慢してみましょう。

 

ドライヤー前に流さないトリートメントでケアをする

トリートメント効果

少しずつ使っている方も増えてきた「流さないトリートメント」。
アウトバストリートメントとも言いますね。

 

お風呂から出てタオルドライをしたら、ドライヤーの前に流さないトリートメントで髪の毛をケアをします。

 

流さないトリートメントは、髪の毛の周りをコーティングすることで、ドライヤーの熱や乾燥、紫外線などから髪の毛を守ってくれる働きがあります。

 

ミストタイプ、オイルタイプ、ジェルタイプ、クリームタイプなど色々とタイプが販売されていますが、初めて使う方であれば、万能型のオイルタイプから試してみると良いでしょう。

 

低刺激タイプのシャンプーで髪を洗う

シャンプーをする女性

普段何気なくシャンプーで髪を洗っていますが、髪には結構な負担になっています。髪をケアしながら少しでもカラーを持続させるためにはシャンプーの選び方も重要です。

 

市販されている多くのシャンプーには合成界面活性剤が配合されていますが、合成界面活性剤は泡立ちがよく洗浄力が強いのが特徴です。

 

汚れを洗い落とすのに洗浄力が強いことは良いことと思われるかもしれませんが、強すぎる洗浄力は、色素を洗い流してしまい色落ちの原因になり、また本来髪や頭皮の健康を維持するために必要な皮脂や栄養素まで洗い流してしまい、髪や頭皮の健康にとっては決して良いことではありません。

 

毛染めをするとアルカリ剤が髪に残留することもあり、アミノ酸系のシャンプーなど酸性に近いシャンプーでケアするのがオススメです。

 


自宅で毛染めをするなら

これがおすすめ

お近くに毛染めヘアカラー専門店がない場合は、美容院で染めるか、自宅で染めることになります。

 

自宅で毛染めをする場合には使う毛染めに注意が必要です。

 

どんな毛染めを使えば良いのでしょうか?

 

ヘアカラーは髪や頭皮へのダメージ大

市販のヘアカラーを使って染めている方も多いと思います。

 

ヘアカラーはドラッグストアやスーパーなど、低価格でどこでも手軽に購入できます。
一度でしっかり染まって、カラーの持続も良いのですが、非常に強い薬剤が使われていることから、髪や頭皮を傷めてしまうデメリットがあります。

 

使い続けることで髪がパサパサになってしまい、頭皮環境が悪化すれば抜け毛や薄毛の要因にもなってしまうこともあります。アレルギーリスクもあるため、毎回パッチテストを行うなど、使用には十分注意が必要です。

 

自宅で染めるならヘアカラートリートメント

自宅で毛染めをする場合は「ヘアカラートリートメント」がおすすめです。

 

ヘアカラートリートメントであれば、刺激の強い成分やアレルギー成分が使われていないので、髪や頭皮を傷めることなく白髪を染めることができます。ヘアカラーに比べると染まりは弱く、色持ちも短いデメリットがありますが、髪や頭皮への影響を心配せずに染めることができます。

 


みんなの関心の高い記事